フリーダイヤル 0120-389-418ご予約はこちらから

東京都東大和市南街4-13-22 糟谷ビル1F

東大和市で歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・歯周病治療・メンテナンスを行える歯科医院

院長プロファイル

料金小川歯科インプラントサイト スルガ銀行デンタルローン

院長あいさつ

院長あいさつ

私が小学校3年生の時のことです。その頃、新潟市に住んでいましたが、乳歯がぐらぐらし始め、その乳歯を抜いてもらいに近所の歯科医院に一人で行きました。大きく口を開け、動いている乳歯を見せると、先生はおもむろに注射器を持ち、無言のまま私の顔の前で麻酔薬を針先から勢いよく上に向けて押し出しました。
気がついたときには待合室のビニールのソファに仰向けで寝かされ、窓の外では雀が鳴き、そしてぐらぐらの乳歯はなくなっていました。そのとき自分は生まれて初めて気を失ったことに気づきました。後にも先にもこの時だけです。

歯科大生の頃から、「自分は歯科医師としていったい何ができるのだろう。」と考えることがしばしばありました。すると必ず、小学校3年生の時の体験がフラッシュバックするのです。そして気づきます。「少なくとも、あんなに怖い歯科医にはならない。」と。全く、貴重な経験をしたものです。

診療を行う上で、様々な条件が必要とされますが、何よりも先ず、過剰な不安感や恐怖心を取り去ることが私の中では最優先です。例えば治療中に避けられない小さな痛みが生じた場合、恐怖心を持っている方とそうでない方とでは年齢に関係なく、痛みの感受性に大きな開きがあります。

このことは治療の進行や予後に少なからず影響します。言うまでもなく、はじめから恐怖心を持たずに歯科医院を訪れた子供は同じ治療でも短時間、そして短期間で終了します。(少なくとも当院ではそうです。)

また、むし歯が大きい、あるいはむし歯がたくさんある子ほど治療前から大きな不安感を持っています。そして潜在的な不安感を持っている方は、その恐怖心を取り除くことが困難なこともまた事実です。そんな時はゆっくり時間をかけて、できることから始めていきましょう。

院長経歴

ただいま準備中です。

専門とする疾患など

ただいま準備中です。

所属学会・認定医など

ただいま準備中です。

Page Top