フリーダイヤル 0120-389-418ご予約はこちらから

東京都東大和市南街4-13-22 糟谷ビル1F

東大和市のインプラント専門サイト。監修:医療法人社団 光歯会 小川歯科

人に優しい 腫れや痛みの少ない、人の心と体に優しいインプラントです。その理由は…
早く噛める 骨に問題がなければ、手術から2ヶ月で噛めるようになります。その早さの理由は…
難症例にも対応 骨の少ない難症例でも、大きな手術は行いません。費用もそのまま。その理由は…
小川歯科
スルガ銀行デンタルローン

Q1.インプラントはいつから噛めるようになり、どのくらい持つのでしょうか。

手術から約2ヶ月で、人工の歯を被せて、噛めるようになります。

約2ヶ月で、人工の歯を被せて噛めるようになります。

インプラントで噛めるようになるには、使用するインプラントの種類や埋入する場所、顎骨の状態、手術の経過によっても異なってきますが、手術後2ヶ月を目安にしています。
正しいブラッシングと定期健診をしっかり受けることによって、20年以上良好に維持されている患者さんもたくさんいます。正しい手入れがインプラントを長持ちさせることにつながります。

Q2.手術の時、入院するのでしょうか。費用はどのくらいかかるのでしょうか。

普通のインプラントの手術では、入院する必要はありません。手術直後は抜歯をした程度の安静が必要です。
費用は、手術代・インプラント代・インプラントに被せる人工歯代の合計です。治療する本数や場所により費用は異なってきます。

インプラント治療料金表

基本料金

【A】インプラント植立手術料 1回につき ¥30,000-
【B】インプラント体 1本につき ¥150,000-
【C】インプラント上部構造(人工歯部) 1本につき \80,000-

なお、インプラント治療の総額は
(【A】×手術回数)+(【B】×本数)+(【C】×本数)となります。

併用手術料

【D】抜歯後の即時埋入術 1本につき 無料
【E】ソケットリフト 1本につき 無料
【F】リッジエクスパンジョン 1本につき 無料

※表示金額は全て税別です。

Q3.インプラントは痛いのでしょうか。

抜歯と同時にインプラントを植える方法もあります。

抜歯と同時にインプラントを植える方法もあります。

インプラントは、歯を抜く場合と同程度の手術が必要です。麻酔をしますから痛みに耐えながら治療を行なうことはありません。手術後、麻酔が切れても、抜歯程度の痛みしかありません。そして2ヶ月後には、食べ物をインプラントで噛めるようになります。
歯を抜いた時、すぐにインプラントを埋入する方法もあります。わざわざ穴をあける必要がないので、負担がありません。インプラント埋入による痛みもあまりありません。

 

Q4.治療ができる年齢などの制限はあるのでしょうか。

定期健診は必ず必要です。

定期健診は必ず必要です。

年齢・性別の制限はありません。85歳の高齢者がインプラント治療を受けて、自然に噛めるようになった例もあります。それぞれの健康状態や顎の状態によって治療ができない場合があります。
また、きちんとブラッシングができない場合や定期健診が受けられない場合も、インプラント治療の不適応となります。

 

Page Top