フリーダイヤル 0120-389-418ご予約はこちらから

東京都東大和市南街4-13-22 糟谷ビル1F

東大和市のインプラント専門サイト。監修:医療法人社団 光歯会 小川歯科

人に優しい 腫れや痛みの少ない、人の心と体に優しいインプラントです。その理由は…
早く噛める 骨に問題がなければ、手術から2ヶ月で噛めるようになります。その早さの理由は…
難症例にも対応 骨の少ない難症例でも、大きな手術は行いません。費用もそのまま。その理由は…
小川歯科
スルガ銀行デンタルローン

どんな治療法にも欠点があります。

インプラントを植えるための手術が必要です。

インプラントでは必ず、歯を抜く場合と同様の手術(当院では1回法)が必要です。手術では可能な限り歯肉や骨への侵襲を抑え、短時間で完了するよう努めていますが、それにも関わらず術後の痛みや腫れなどの症状がまれに発現することがあります。

インプラントは永久的ではありません。お手入れが悪ければ歯周病になります。

歯周病になる恐れも。

歯周病になる恐れも。

インプラントは決して永久的なものではありません。
インプラント本体は純チタンで形成されていますので、インプラント自体がむし歯になることはありません。が、一度感染すると歯周病と同様にインプラントを支える骨が溶けてしまい、ついにはインプラントが動揺し脱落してしまいます。
従ってインプラントを維持するためには、毎日の清掃と定期的な検診が最も重要であり、これを継続することで長期的予後が期待できます。

インプラント治療は健康保険給付対象外の診療です。

インプラントは、歯科医学の中でも最先端の治療です。従って、健康保険給付の対象ではありません。健康保険診療と比べかなり多額の費用がかかります。
当院でのインプラントにかかる費用については、Q&Aの「インプラント治療料金表」をご覧下さい。

状況によってはインプラントをお断りする場合もあります。

骨が足りない場合。噛み合わせを支える充分な骨がない場合。

下顎骨CT像。インプラントを植立する余地が全くない。

下顎骨CT像。
インプラントを植立する余地が全くない。

インプラントを植えるための充分な骨の量がない場合や、たとえ植えることができても、噛み合わせの力を支えるための充分な骨がない場合は、インプラント治療を行なうことができません。
その場合は、入れ歯やブリッジなど、他の治療法をお勧めすることがあります。

上顎骨CT像。咬合力を支えるに足る骨量が不足している。

上顎骨CT像。
咬合力を支えるに足る骨量が不足している。

なお、インプラントの可否や骨の形態等を診断するため、3DCTでのエックス線撮影をお願いしております。
当院では、3次元コンピュータ断層撮影エックス線装置(3DCT)を常設しておりますので、撮影のために他の医療機関へ出向く必要はありません。
また、当院でのインプラント治療に必要な3DCT撮影に伴う費用は、一切かかりませんのでご安心ください。

インプラントに支障のある全身疾患等をお持ちの場合。

重度の糖尿病の場合、免疫力が低下し、感染しやすい傾向が強くなります。空腹時血糖値とHbA1-c(過去1ヵ月の平均的な血糖値)がコントロールされていない場合は、手術を見送ることもあります。
また、骨粗しょう症などの治療に使用される、ビスホスフォネート系薬剤の投与を受けている方は、口腔内の外科処置自体(抜歯も含む)が禁忌となっています。
その他、血友病や急性骨髄性白血病などの血液疾患、免疫不全、骨形成不全、薬物・アルコール中毒、肝臓疾患、精神神経症、顎骨に放射線治療を受けた場合なども注意が必要です。

若年者のインプラントについて

年齢が20歳に満たない場合、顎の骨の成長が完了していない可能性があります。その時の状況によってはインプラントを回避する場合もあります。
また、歯並びや噛み合わせが悪く、インプラントの予後を左右する可能性がある時は、事前に矯正治療をおすすめする場合があります。

個人差や習癖などが治療期間や予後に影響します。

場合によっては治療期間が長くなることがあります。

当院でのインプラント治療では、治療期間の大幅な短縮を可能にしておりますが、喫煙・舌圧・噛み合わせ・歯ぎしり・噛みしめ・強いうがい・就寝時の姿勢・骨の性状などの要因により、治療期間を延長せざるを得ない場合があります。

インプラントのための事前治療が必要な場合があります。

インプラントを行なう場合は、事前に口腔内の環境を整えておく必要があります。歯根やむし歯・歯周病の治療、親知らずや過剰歯の抜歯など、インプラントに対し、感染や力学的な影響を及ぼす可能性のある要因はできる限り排除しておく必要があります。
その上でインプラントを行い、バランスのとれた噛み合わせを獲得することが最終目標となります。

歯ぎしりや食いしばりには注意が必要です。

食事など通常の使用時と比較すると、就寝中の歯ぎしりや無意識下での食いしばりにおける噛み合わせの力は数倍~数十倍となります。特に歯ぎしりでは、噛み合わせる方向とは異なる側方力が強く、歯やインプラントにかなりのダメージを与える可能性があります。
このような場合、歯やインプラントを異常な咬合力から保護するため、就寝中におけるマウスピースの装着をお願いすることがあります。

Page Top