フリーダイヤル 0120-389-418ご予約はこちらから

東京都東大和市南街4-13-22 糟谷ビル1F

東大和市で歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・歯周病治療・メンテナンスを行える歯科医院

予防歯科

料金小川歯科インプラントサイト スルガ銀行デンタルローン

予防歯科

当院では、皆様のお口の健康を維持するため、『予防歯科』の関する処置や概念を診療システムに取り入れております。『予防歯科』の内容を大別すると、

  1. むし歯や歯周病などお口の疾病を予防
  2. 疾病が大きく進行することを防ぐ、早期発見・早期治療
  3. 治療終了後の再発の予防

の、3つに大きくわけられます。

むし歯や歯周病などの予防について最も重要なのが、毎日の歯磨きです。言い方を変えると、プラークコントロール=口腔内細菌の可及的除去と言うことになります。
当院では、患者さん自身が毎日ご自分でケアー出来るよう、ブラッシング指導に力を入れています。また、歯面へのフッ素塗布や、奥歯の溝に対する裂溝充填予防処置=シーラントもむし歯予防にとても有用です。特に生えて間もない歯に有効なので、お子様方に推奨しております。

むし歯や歯周病などが進行すると、治療にかかる期間や費用がその分大きくかかってきます。これを防止するには、症状がまだ発現せず自分では気付かない初期の疾患を見つける必要があります。そのためには定期的な歯科健診が最も重要です。健診によって、治療にかかる回数や費用を結果的に削減できることが数々の機関で実証されています。その上、早期に治療するほど、処置に伴う痛みや不快感を抑えることができます。
当院では、治療が終了した皆様に、健診を兼ねた定期的なメンテナンスをおすすめしています。
一方で、一般社団法人東京都東大和市歯科医師会と東大和市との医療連携に深く関わり、東大和市が主催する健診事業(成人歯科健診・妊婦健診・1歳半検診・3歳児検診・就学前検診・学校歯科検診など)に積極的に参画しています。
また、全国で多くの保険組合が加入している『歯科健診センター』を通じて、企業で働く方々とその家族に無料で歯科健診を提供しています。

治療後の再発を予防には、予後を踏まえた的確な診断、治療方法や材料の選択、処置の精度、各症例に対する柔軟な対応と工夫された処置などが、深く関わってきます。
当院では毎日の診療の中で、『再発予防』を念頭に置いた確実・正確な診療を実践しています。
また『再発予防』には、治療後の定期的なメンテナンスが必須です。治療直後のベストな状態を維持していただくために、25年前からメンテナンスを推奨しています。

むし歯の予防

むし歯はどのようにできてしまうのでしょう。

歯の表面に付着しているプラーク(細菌)が口腔内の糖分を摂取することで発生する酸が、歯を溶かします。つまり、「歯の存在」「プラーク」「糖」そしてこれらが接している「時間」の4つがむし歯発生の要因であり、これらをコントロールすることによってむし歯を予防することができます。

むし歯を予防するには

まず、酸に対する歯表面の耐性を上げるため、歯を強くする事が考えられます。これには、≪フッ素≫が効果的で、歯の結晶構造を強化する働きがあります。多くの歯磨剤(歯磨き粉)に含有されています。

続いて、「プラーク」です。口腔内の細菌を「ゼロ」にすることはできませんので、可能な限り細菌数を減らします。そのためには、毎日の確実なブラッシングが重要ですし、ブラッシングでは除去できないプラークを歯間ブラシやデンタルフロスで除去することがとても大切です。

甘い物が好きな方にむし歯が多いのは、糖分によるむし歯への影響がとても大きいからです。また、食事中の中にも多くの糖分が含まれているので、食事やおやつのあとは必ずブラッシング、あるいはせめてうがいで口腔内に糖分や食べかすを残さないように配慮ください。

特に、むし歯予防の一番のポイントは、プラークや糖分が口腔内にある時間を、なるべく減らすことです。そのためには、食べたらすぐに歯を磨く、甘い物を飲んだらすぐうがいをして口腔内に甘味を残さない、口腔内に糖が長時間残留するような「アメ」「ガム」「グミ」などは極力さける、食事やおやつは時間を決めてその間は、間食は避ける、お子様の場合は、幼稚園・保育園・学校・友人宅・祖父・祖母などにもこれらの情報を周知・共有・協力していただき、むし歯になりにくい環境を作り、それを広げて行くことが必要です。

歯周病の予防

歯周病は、主にプラーク(細菌)の感染によって起こる歯周組織(歯の周りの組織)に発生する『感染症』です。病気が進行すると骨が溶け、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

近年の研究で歯周病が全身の健康に影響を及ぼしていることが分かってきました。糖尿病を悪化させる要因になるほか、動脈硬化を促進したり、心臓疾患の引き金になったりします。全身の健康を守るために、歯周病を予防することはとても重要です。

歯周病を予防するには、原因となる歯周病菌を除去することが効果的です。正しい方法で丁寧に歯磨きすることと、定期的に歯科医院で歯垢や歯石を除去することで予防できます。

フッ素について

むし歯の予防手段の一つとしてフッ素塗布を行っております。

フッ素には、むし歯菌が酸を作りだすことを防ぐ、歯と化合して酸に強い性質にする、歯の再石灰化を促進する、などの効果があります。

正しい歯磨き歯科医師によるケアを行うとともに、フッ素塗布を併用することで、よりむし歯になりにくくすることができます。

Page Top