フリーダイヤル 0120-389-418ご予約はこちらから

東京都東大和市南街4-13-22 糟谷ビル1F

東大和市で歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・歯周病治療・メンテナンスを行える歯科医院

知覚過敏

料金小川歯科インプラントサイト スルガ銀行デンタルローン

冷たいものや酸味の強いものを飲食した際や、歯磨きをした際などに歯がしみる場合は知覚過敏かもしれません。一時的な痛みで治まってしまうことが多いため、歯科にかからず我慢してしまいがちですが、放っておくとどんどん悪化させてしまう恐れがあります。知覚過敏にはれっきとした原因がありますので、早い段階で治療することが重要です。

知覚過敏の原因

歯の表面はエナメル質という層で守られており、その内側には象牙質という層があります。さらにその内側には歯の神経があります。なんらかの要因で表層のエナメル質が傷ついてしまうことで象牙質が露出し、象牙質に飲み物などが直接触れると歯の中の神経を刺激して痛みを感じます。これが知覚過敏の直接の原因です。エナメル質が傷つく原因は様々なものがあります。一つは歯に強い力がかかった場合で、歯ぎしりやスポーツや労働で重たいものを持った際に歯を強く食いしばると、エナメル質にヒビが入ることがあります。もう一つは歯をいつも強く磨きすぎていたり、強い研磨剤の含まれている歯磨き粉を過剰に使い続けることなどで、徐々にエナメル質が削れて象牙質が露出することがあります。他にも酸味の強い食品の影響でエナメル質が溶けてしまうこともあります。また、むし歯や歯周病が原因でエナメル質が壊れてしまうこともありますが、この場合は知覚過敏としてではなく、むし歯や歯周病として治療します。

治療法

知覚過敏の治療には、フッ化物が配合された薬の塗布や、レジン(樹脂)や歯科用セメントでコーティングするなどの方法があります。ただし、歯ぎしりや歯を強く磨きすぎている、などエナメル質を日常的に傷つけてしまう根本の原因を直さない限り、すぐに再発してしまいます。知覚過敏の治療では根本の原因を突きとめて、取り除くことが重要です。

Page Top